プレミアムマンデリンのピーベリー (限定品)

プレミアムマンデリンのピーベリー (限定品)

販売価格: 1,200円(税込)

この商品は軽減税率の対象です。

在庫数 在庫あり
挽き方:
焙煎度:
パック数: パック
プレミアムマンデリンのピーベリーが限定入荷しました。多めの入荷でしばらくあります。
当店で定番販売しているプレミアムマンデリンは現地で3回も選別されていますが、その際にピーベリーは除外しています。今回のものは、その除外された豆からピーベリーだけを集めた訳です。
除外している理由は、単に豆のサイズの問題だと思われます。ピーベリー豆自体は品質が劣るわけではなく、逆に一般には油分が多く美味しいとされています。コーヒーに限らず食品の旨味は油分に多くあるからです。
この豆は火が入りやいので、お任せ焙煎の場合の焙煎度は中煎りより少し深め程度で、通常のマンデリンの様に深煎りにしません。
以下は、プレミアムマンデリンの解説と同じです。

マンデリンは、大ざっぱに言えば、インドネシアのスマトラ島で栽培されているアラビカ種のこと。
一般に焙煎は深めで流通しており、独特の香りや苦みとコクが人気のコーヒーです。
スマトラ方式と呼ばれる精製法(水分量が多い状態で脱穀し、その後に乾燥)が独特の個性を生んでいます。

ここにご紹介するプレミアムマンデリンは、主にスマトラ島ほ北部のリントン、ニフタ、ドロックサングール、パランギナンなどで栽培され、繰り返し選別された高級豆の中から当店がその時々に選んだものです。

インドネシアにコーヒーをもたらしたのはオランダ植民地時代のオランダ人。17世紀の終わり頃の話です。
最初はたった3本の苗木だったそうです。その後100年で世界的産地にまで発展しましたが、東南アジア特有の気候のためにサビ病で全滅。その後栽培されたのは病気に強いロブスタ種が殆どで、僅かに残ったアラビカ種をマンデリン族(現地語の発音は少し違う様です)が中心になって復活させたのが現在のマンデリンということです。