ボリビア コパカバーナ農園(9月発売/限定品)

ボリビア コパカバーナ農園(9月発売/限定品)

販売価格: 1,380円(税込)

この商品は軽減税率の対象です。

在庫数 在庫あり
挽き方:
焙煎度:
パック数: パック
ボリビア産としては一番有名ではないかと思われるコパカバーナ農園です。
久しぶりの販売ですが、今回は同農園のハーブティー用のカスカラも同時販売します。あわせてどうぞ。

コパカバーナ農園は、ボリビアのチチカカ湖付近の町コパカバーナから北東あるコーヒーの町カラナビにあります。
コパカバーナとは、先住民族アイマラ族の言葉で「宝石の展望台、湖の眺め」を意味する“コタ・カウアーナ”から由来し、街にある聖母マリア教会が有名です。ボリビアの守護聖人は聖母マリア様で、特別な儀式も行われることもあります。

巨大なチチカカ湖の影響で、気候が温暖、コーヒーの味にも影響しています。ティピカ種100%、マイルドで飲みやすい上質なコーヒーです。南米のバイオラティーナ認証オーガニック。(日本ではJAS以外の認証は認められていませんが、USAからは認められています。ボリビア産のコーヒーは殆どがユンガス地方産ですが、他国に比べ輸出総量は僅かです。

コパカバーナというと、ポピュラーソングの歌詞が思い浮かぶのですが、このコパカバーナはニューヨークにあるナイトクラブの名前らしく、その店名は恐らくブラジルのコパカバーナ海岸からとったと思われます。コパカバーナ海岸のコパカバーナは、ボリビアのチチカカ湖付近のコパカバーナにある聖母マリアを記念して教会が作られたことによるそうで、ここでやっとこの豆と繋がります。因みに農園主のお名前はマリアさん。写真掲載しました。