モカ イルガチェフ コチャレ アリーチャ(10月1日発売限定品)

モカ イルガチェフ コチャレ アリーチャ(10月1日発売限定品)

販売価格: 1,380円(税込)

この商品は軽減税率の対象です。

完売しました
エチオピア産の最高級モカです。
定番で販売しているナチュラルモカ(イルガチェフ産のナチュラル精製豆)の最上級豆です。
買付エリアが極めて狭く限られています。イルガチェフ地方の、コチャレエリアのアリーチャARICHAという地区です。
(定番で販売しているものは、細かいエリアを決めていませんが、現在のものはほぼ同じレベルなので、価格は同じにしました。通常ですと、限定品の方がもう少し高価になります。)

アラビカ種発祥の地であるエチオピアの南西部には、現在でも多種の品種が自生 しているといわれ、貴重な遺伝資源の宝庫となっています。有名なゲイシャ種もこのジマ地方が由来といわれています。
エチオピアのコーヒーの中で、風味上最も特徴的なものは、イルガチェフのコ ーヒーです。フローラル、紅茶、レモン、エレガント、ジンジャー、シナモン等多様な風味を有 しております。ゲイシャが話題になったのも、エチオピア系コーヒーの風味がスペシャルティ コーヒー産業における価値のあるものであるからです。 イルガチェフとは、現地の言葉で「 湿地とその草」を意味します。その言葉の通り、この地域は水源に恵まれ、良質の水洗式コ ーヒーの生産に適した場所です。更には1600m以上、高いところでは、2200mにもなる栽培 地の標高、なだらかな景観、昼夜の寒暖差(朝晩10°Cを切り、日中は30°C近く)、生産性は 低いですが、中米のティピカ種同様に若葉がブロンズで、横に枝が大きく伸びる古いタイプ の品種、有機質肥料(コーヒー由来の廃棄物、家畜の糞尿など)、肥沃な土壌など、コーヒー 栽培に適した土地なのです。

特に、このイルガチェフG1ナチュラルの品質 向上に大きく貢献しているのは、通常ならばウオッシュドとなる高品質チェリーを特別にナチュラルに仕上げてい点と、アフリカンベッド上での徹底した欠点豆除去 とスロードライングの教育に力を入れて乾燥初 期のチェリーを撹拌しムラのない乾燥にこだわっていることです。

日照の強い11~15時の時間帯は、チェリーをビ ニールシートで覆います。これは、チェ リーを護ることと急激な乾燥を防ぐためです。標 高が高い上に、赤道直下のこの地域では、日照 が強すぎるとチェリーやパーチメントにダメージ を与えて、味に濁りが出てしまいます。また、通 常の乾燥日数が10日間のところ、20日間掛けて ゆっくり乾燥を進める(スロードライング)ことで、 コーヒー内の水分を均一化させ、複雑でありな がらクリーンな味わいを作り出しています。緩や かな乾燥は、消費国での生豆の保存性にも大き な影響を及ぼすことが分かってきました。