ラ・コルメーナ農園

ラ・コルメーナ農園

販売価格: 1,240円(税込)

この商品は軽減税率の対象です。

在庫数 在庫あり
挽き方:
焙煎度:
パック数: パック
ラ・コルメーラ農園は、コロンビア中部、カルダス・リサラルダの2県にまたがる位置にあります。
この2県を含むキンディオ、カルダス、リサラルダ、バジェデカウカの4県は、2011年にユネスコ世界文化遺産「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」に指定され、コーヒー王国コロンビアでも、特に自然豊かな地方です。下の地図で9,10,11,12の4県
値札の写真はリサラルダ県の都市サンチュアリオの夕暮れです。

このエリアは、100年以上のコーヒー栽培の歴史があり、上質なコーヒーが栽培されていますが、何故か日本への輸入が少ないエリアで、そういう意味でも貴重なコーヒーです。
二代にわたり50年以上の歴史を持つ農園で、特に高品質なスペシャルティーコーヒーを生産しています。
ゲイシャ種も栽培していますが、今回のものはカスティージョ種です。旨味がある非常に円やかな味わいです。

この世界遺産のロゴマークです。



手は手摘みをはじめ手作業を、山はアンデス山脈、ハチドリと蝶・竹・花・カエルは豊かな自然環境を表しています。
コロンビアには1900種以上の鳥類が生息するといわれますが、コーヒー産地で504種確認されています。(FNCコーヒー研究センター調べ) 
カエルはレインフォレストアライアンスのロゴマークにもなっている様に、特に環境に敏感な生物で、日本の蛍にも例えられます。
竹はグアドゥアというコロンビア特有種で、ビニールハウスなどの建築資材にも利用されます。ロゴの右上のハチドリの横にあるのはこの地区で良く見られる典型的なコーヒー農園のバルコニーです。スペイン建築の影響を受けており、竹が利用されています。