グァテマラ  サントトーマスパチュージ農園リザーブ

グァテマラ  サントトーマスパチュージ農園リザーブ

販売価格: 1,280円(税込)

在庫数 在庫あり
挽き方:
焙煎度:
パック数: パック
サントトーマスパチュージ農園は、グァテマラ八大コーヒー産地のひとつ「アテトラン」を代表する農園です。
今回入荷したものは、同農園でも特別の区画で栽培され精製にも手間を掛けた特別ロットです。
アテトラン地区のコンテストで優勝した時と同じ方法で精製された豆で、同農園の上位5%の豆で、素晴らしい味に仕上がっています。
具体的には、
(1)農園全体で50HAほどある敷地の中で、最も西側の、2.5HAの小さな区画を厳選。アティトラン湖から続く小川のせせらぎの恩恵が得られる、農園の中で最も潤いのある場所。
(2)通常のフルウォッシュ精選におけるパーチメントの発酵工程は24時間ですが、このロットは日々の気温を見ながら最大60時間かけてじっくり発酵。
(3)通常のパーチメント乾燥時間はパティオで7〜8日間ですが、ここでは遮光工夫したスロードライで、最大14日間乾燥させます。

アティトゥラン火山とトリマン火山にはさまれ、アティトゥラン湖周辺に位置する森の中に囲まれた位置にあり、コーヒーの栽培には特に良いとされる、霧の発生が多く、現地の言葉で「霧を生む」という意味の「パチュージ」という名前が付いています。
湖近くで標高が高いため、昼夜の寒暖差が非常に激しいです。この厳しい環境下で栽培されたコーヒー豆は、実がギュッと引き締まり、柑橘系の果物のような甘み(焙煎度によっては酸味も)を生み出しています。

同農園は、さらに、Rainforest Alliance認証のClimate Change認証を取得。これは通常のレインフォレストアライアンスではなく、
Climate Change認証取得には、
(1)気候変動に影響を与えない、
(2)気候変動に備えるという、二つの要求事項が追加されます。
Climate Change認証を取得しても、通常のRainforest Alliance認証とのマークの違いはありませんが、名実ともに非常に環境に配慮した農園と言えます。