コスタリカ ガンボア農園ブラックハニー

コスタリカ ガンボア農園ブラックハニー

販売価格: 1,360円(税込)

在庫数 在庫あり
挽き方:
焙煎度:
パック数: パック
コスタリカのハニーコーヒー、単一農園産の高級豆です。糖度はコンテストものに匹敵する出来映えです。少量限定販売です。
品種はカツーラ種とカツアイ種です。
農園名  :Gamboa(ガンボア農園)
農園主  :Martin Gutierrez(マルティン グティエレス)氏
場所   :タラス地区(Santa Maria de Dota( Dota Tarazu))
標高   :1850m
気温   :平均19℃
開花期  :3-4月
栽培面積 :14ha
年間生産量: 約500袋

以下は、定番のコスタリカハニーの紹介分からです。定番品は農園が固定されていません。エリア指定で複数農園のブレンドの場合もあります。その分お安くなっています。

 ハニーコーヒーとはハニープロセスで精製された豆のことで、ハニープロセスとは、果肉を剥いたあとに豆に付着した滑り(ミシュレージと呼びます)を洗い取らずに残した状態で乾燥させて、果肉の糖分を豆に移したもののことで、甘みが増すためハニープロセスと呼ばれます。(写真参照。画像はクリックすると入れ替わったり拡大したりします。)別にハチミツをまぶしたわけではありません。
 コーヒーの精製には技術が必要で、特にハニー精製はその技術が簡単ではないため、出来る農園とそうでない農園があります。
精製過程で違いにより、ブラックハニー、レッドハニー、オレンジハニー、ホワイトハニーなどと呼ばれることもあります。