ミャンマー アラビカ

ミャンマー アラビカ

販売価格: 1,100円(税込)

生豆240g焙煎: 1袋

在庫数 在庫あり
挽き方:
焙煎度:
パック数: パック
ミャンマーから初めてのコーヒーです。お薦めの一品です。

マンダレー地方、標高1000メートル、品種はSL34(ケニアで多く栽培されている品種)、水洗精製、天日乾燥
品種の影響か、フルーティな香りが特徴です。土壌等の栽培環境の影響かケニヤのような濃さは無く軽めです。

政情不安ばかりがニュースになる国ですが、豊かな自然に恵まれ、コーヒー栽培も古くから行われて来ました。(1885年宣教師によりロブスタ種の栽培が始められ1930年からアラビカ種。アラビカ種の主要品種は長らくインド原産のS795であったが、80年代にコスタリカのカツーラとカチモールが導入された。)
特に21世紀になって広まったスペシャルティーコーヒーの流れに乗って、アメリカスペシャルティーコーヒー協会SCAAやコーヒー品質協会CQIの技術支援を受けて急速に品質が向上しました。2016年に行われた品評会では出品60中56がSCAA基準で80点を超えました。
輸入商社の情報では、認証はありませんが、実際は無農薬栽培とのことなのでご参考まで。(認証がないと有機として販売は出来ません)