マンデリン スマトラタイガー

マンデリン スマトラタイガー

販売価格: 1,460円(税込)

生豆240g焙煎: 1袋

完売しました
インドネシア スマトラ島の、リ ントンニフタ、シボロンボロン、ドロックサングールの3エリアの小農家から集買され、3度に渡ってトリプルハンドピックされた、選び抜かれたマンデリンです。「スマトラタイガー」はブランド名です。

マンデリンはスマトラ島の名産品です。現在ではスマトラ産のアラビカ種の総称的に扱われています。
オランダの植民地時代に栽培されていた多くのコーヒーはサビ病でほぼ全滅し、変わりに病気に強いロブスタ種が栽培されたのですが、ロブスタ種は殆どが工業製品の原料です。リントン地区はサビ病に耐えた数少ないアラビカが残っていたエリアの一つで、その栽培にあたっていたのがマンデリン族だと言われます。

マンデリンの一番の特徴は、スマトラ方ウエットハルと呼ばれるその精製法で、これにより独特の風味が生まれます。
簡単に言うと、精製途中の生乾きの状態で脱穀し、脱穀後に追加乾燥して通常の水分量に持っていく乾燥法です。
小農家から輸出業者までの流通の都合で生まれた方式だと言われます。