ニカラグア ブエノスアイレス農園

ニカラグア ブエノスアイレス農園

販売価格: 1,260円(税込)

生豆240g焙煎: 1袋

在庫数 在庫あり
挽き方:
焙煎度:
パック数: パック
ブエノスアイレスといってもアルゼンチンではありません。もともとの意味はスペイン語で「buenos(良い)aires(空気、風)」の意味なので、農園名にはピッタリです。
ニカラグアを代表すると言ってもいい実績のある農園で、上質な味わいです。
本品はニカラグアでは珍しいハニープロセスです。
Buenos Aires農園は、ニカラグア北部、ホンジュラスとの国境に接するNueva Segovia県、Ocotal地区に位置します。
現在は、4代目にあたるLuis Emilio氏、Olman氏の兄弟で農園を管理しています。
Buenos Aires農園はCOEに過去何度も入賞しており、2015年には栄えある1位を獲っております。
収穫期は、完全完熟実のみを摘み取るように、ピッカーに指導しています。そのために、通常のピッカーの平均賃金より高い賃金をこの農園で働くPickerに払っています。その後、収穫されたチェリーの中に未完熟チェリーが混ざっていないかもう一度確認し、もし混ざっていたら取り除いてからWet Processに進めるようにしています。こういった丁寧な仕事によって高品質のコーヒー豆が生み出されています。