メキシコ 2017Cup of Excellence エルボルド農園

メキシコ 2017Cup of Excellence エルボルド農園

販売価格: 1,680円(税込)

生豆240g焙煎: 1袋

在庫数 在庫あり
挽き方:
焙煎度:
パック数: パック
メキシコでのカップオブエクセレンスの開催は2年ぶり5回目です。

今年2017年は、総エントリー数は、233ロット。プレセレクションを経て68ロットがナショナルラウンドに出品され、35ロットがインターナショナルステージへと駒を進めました。そして国際審査会において見事に22ロットがカップオブエクセレンスの栄誉に輝きました。

メキシコのコーヒー生産事情として、国土が広い分だけ情報が行き渡り難く、各地域の味わいも把握し難い為、素晴らしいコーヒーを生産する生産者が未だに知られていない事や、生産の技術向上など課題を抱えている点もあります。しかしながら、2年前、3年前に比べ、総合的にクリーンカップが向上しており、今まで感じる事の無かったフレーバープロファイルがいくつも感じられるCOEの内容となりました。

エル・ボルド農園は、メキシコ東岸の東シエラ・マドレ山脈に連なるベラクルス州のコサウトラン・デ・カルバハルに位置します。メキシコ東岸のこのエリアは、南にはメキシコで最も高い、標高5,636mのオリサバ山を有する山岳地域です。

農園のあるベラクルス州は、メキシコ全体のコーヒー生産量の約30%を担うメキシコ第2位の生産エリアで、これまでも多くのCOE受賞農園を輩出してきました。5Ha以下の小規模な零細農家が8割を占め、大規模な農場では主にハイブリッド品種を、アラビカ種はエル・ボルド農園のような中小零細農園が主立って生産しています。

ベラクルス州には、排水規制がある為、大規模なウェットミルでの排水を垂れ流すようなことは無く、また地域的にはプロセス時期に降雨不足などがある為に、一部ではミューシレージリムーバーを用いたセミ・ウォッシュドやエコウォッシュドと呼ばれるプロセスも用いられます。エル・ボルド農園では、小規模だからこそ、こだわりを持ち従来のフリーウォッシュドを行い、天日乾燥によりコーヒーを生産し続けています。

Variety: Arabiga Process: Fully Washed Score: 87.50
State: Veracruz
Located in Veracruz state, Cosautlán de Carvajal municipality, the farm is located at 1.300m altitude.
Participant of Cup of Excellence contest with Arabiga coffee variety processed as fully washed and dried in sun yards.